消臭方法の種類と特徴

消臭方法には大きく分けて4つの種類が存在します。まずは1つ目は「マスキング」によるものです。不快な臭いを別の香りでカバーします。芳香剤もこの分類です。実際には不快な臭いが無くなることは全くありません。このため芳香剤の臭いと混ざってさらに不快な臭いになることもあります。2つ目は「吸着」によるものです。今度は不快な臭い分子を閉じ込める方法です。活性炭がこれに該当します。この方法はどんな臭いであっても物理的に吸着するのでその点は有効と言えるのですが、飽和状態になると臭いを消す効果は薄れてきます。このため、吸着された臭い分子が復活することもあります。これは臭い自体を無臭化しているわけではないのです。3つ目は「生物学的」なものによるものです。そもそも不快な臭いというのは雑菌から生まれます。この方法では、その原因菌に働きかけて臭いを消すのです。例えば、殺虫剤等がこれに相当しまう。最後は「イオン」によるものです。これは臭い分子を無臭の形に変化させる方法です。なお一度無臭になった分子はもう臭いを発生することはありません。臭いのしない物質に変化させるので臭いを消すスピードが速く、臭いを消す範囲も大きいのが特徴です。このように世に出ている臭い防止アイテムは常時これら4つの方法、あるいはその組み合わせにより成り立っているのです。

コメントは受け付けていません。